【2020年】おすすめのプチプラマスカラ「キャンメイク」レイヤードルックマスカラ

マスカラ
mihi
こんにちは。 気になる美容・グルメ・暮らし方をご紹介しているmihiです♪

本日は、プチプラコスメで大人気のキャンメイク、レイヤードルックマスカラの

ハニーナッツキャラメリゼ」と「ローズバーガンディをご紹介します!

私自身、キャンメイクのマスカラは何度もリピートして使っているため、プチプラコスメの中でもキャンメイクの製品はお気に入りの一つです。

この記事では、キャンメイクのカラーマスカラ「レイヤードルックマスカラ」を、実際にマスカラをつけた目元の写真をどこよりも徹底的に詳しくご紹介していきますので、「レイヤードルックマスカラ」が気になっている方は、ぜひ参考にしていただけらた嬉しいです!

人気のキャンメイクレイヤードルックマスカラ「ハニーナッツキャラメリゼ」と「ローズバーガンディ」

おすすめのプチプラマスカラ「キャンメイク」レイヤードルックマスカラについて
  • 右: ローズバーガンディ
  • 左:ハニーナッツキャラメリゼ
mihi
レイヤードルックマスカラは、1本で2色の色を楽しむことができます。
特徴
  • 1本に2色入ってる
  • 繊維なし
  • ウォータープルーフ
  • お湯で簡単にオフできる
  • 880円(税抜)
ハニーナッツキャラメリゼは、太い方が黄みブラウン細い方がくすみイエローです。
ローズバーガンディは、太い方が赤みのブラン細い方がくすみピンクになっています。

2本とも一色づつつけても良いし、重ね塗りしてグラデーションぽくなるようにつけることもできます。

「ハニーナッツキャラメリゼ」をレビュー

まずは、ベースカラーの黄みブラウンだけをつけています。

上:使用前
下:黄みブラウン使用後

ブラウンの色が分かるくらい、割としっかり色がつきますね。

ベースカラーのブラシはゆるいカーブになっているのと、かなり細く出来ているので、ダマになりにくくつけやすいです。

次は、くすみイエローだけをつけていきます。

上:使用前
下:くすみイエロー使用後

しっかりとまつげにイエローの色味がつきました。

mihi
イエローの方は乾かしてから2度塗りすると、まつげに長さを作りやすかったです^^

次は、黄みブラウンとくすみイエローを重ね塗りして、グラデーションになるようなまつげを作っていきます。

上:重ねぬり
左:黄みブラウンのみ
右:くすみイエローのみ

ブランを全体的につけて、イエローを真ん中から毛先に向かってつけていきました。

グラデーションぽくなりますね!

mihi
1本あるといろんな付け方を楽しめるので、これはオススメです!

「ローズバーガンディ」をレビュー

まずは、ベースカラーの赤みブラウンだけをつけています。

上:使用前
下:赤みブラウン使用後

あまり黄みブラウンと変わらないかも・・・

でも、つけると伸びが良くて長さも十分出ます。

次は、くすみピンクだけをつけてみます。

上:使用前
下:くすみピンク使用後

ベースカラーよりボリュームは出ませんが、しっかりとピンクの色がまつげに付着します。

mihi
ボリュームは決してないけど、一本一本繊細な感じに見えるのはかなり好きかも!

次は、赤みブラウンとくすみピンクを重ね塗りして、まつげにグラデーション作っていきます。

上:重ねぬり
左:赤みブラウンのみ
右:くすみピンクのみ

重ね塗りの方は、ブラウンを全体的につけてからピンクを真ん中から毛先に向かってつけて、ピンクは2〜3回くらい重ねています。

重ね塗りすると、ピンクの色味がはっきり出ますよ^^
mihi
実際に塗って鏡でみた方が、キレイな色をしていました!

まとめ

レイヤードルックの「ハニーナッツキャラメリゼ」も「ローズバーガンディ」も、1本で3パターンのまつげを楽しむことができます。 しかも、下地をつけなくても色はしっかりとつき、ボリュームや長さも出て、しかも、お湯で簡単にオフできることもあって、かなり優秀なマスカラだと言えます。

何度もリピートしたくなるわけです。

そして何と言っても、これだけのクオリティなのに価格が800円(税抜)と安い!!

はっきり言って、お値段以上の価値はあります。

mihi
新たにお気に入りのキャンメイクのマスカラが増えましたよ♪
キャンメイクの「レイヤードルックマスカラが気になっている方は、ぜひ、参考にしていただけると幸いです!
The following two tabs change content below.
7年間一般女性向けのメイク教室やファッションコンサルを行ってきました。一人一人の顔に似合うコスメを選ぶのは大得意です。現在は、気になっているコスメや北海道のB級グルメ、節約方法など発信する「北の美食住手帖」としてブログを運営しています。