買い物依存症になりかけていました

日々の学び
みひ
こんにちは。 気になる美容・グルメ・暮らし方をご紹介しているみひです♪

スマホを使うようになってからおよそ10年。もはや携帯電話がメインと言うより、電話と言う機能がスマホというアイテムの一部になっていると思いませんか。

アプリによって電話もそうだし様々な機能で暮らしを便利にしている中、個人的に結構メインで活用しているアプリの一つが「メルカリ」です。

購入もするし出品もするし、気軽に私物を売買できるところがとっても便利で2017年から活用しています。その間の売上はおよそ8万円くらい。

ほぼノータッチな時期もありましたが、コロナでお店にいけなくなってからはメルカリ熱が再熱して、常時2〜3点は出品欄へ投稿していました。売れ行きも早いです^^

ただ、2017年に始めたうちは割と高値でも売れやすかったのですが、参入者も増えたこともあって、高値を付けても売れ行きは鈍くなったと感じます。

元の価格が高額だったものに関しては損をしたくないと思う時があったけれど、元の価格と大差なければ個人が使用した中古品よりもお店で新品を買いたいよね・・・と思い直して、お手頃価格で出品することによって、売れていくペースが早くなりました。

もとを正せば、不要な物を売るわけだから損得に執着しなくなったことが売れる要素になったようです。

そして出品もするけれど、服や本をメルカリで購入することも多く、何ならお店で買うよりも多いかもしれません(汗)

特に本はメルカリでしか買っていないと言う・・・。

ここからが本題ですが、最近感じたのは、メルカリで元値よりもかなりお手頃価格で買えはするけれど、すごく気に入って買ったかと聞かれればそうでもないことに気づいてしまいました。

なぜなら、購入したほとんどの物が手元に残ってないから・・・orz

お店で試着して考えて決心して購入した物は何年経ってもいまだに愛用しているけど、写真をみて可愛いし安いからといって買った物はもちろん着るには着るのですが、もう着ないかな?とすぐに手放していた事実に直面してしまいました。あとサイズが合わないことや写真と実物の雰囲気が違ったとかも含めて。

気軽に手頃で買える状況はすごく便利だけど、本当に欲しい物を手に入れているかと聞かれれば何か違うような気がして、自分の買い物の感覚が麻痺しているような気がしてなりません。

アプリ経友で買った物を次から次へと手放してしまっているのだから・・・(怖)

これは私の感覚が狂っていると危険信号が発動したので、一旦冷静になって買い物は控えることにしました。

そしてもう一つ分かったのが、お店で気に入った物で数年着ている服に限っては、ストック用に買い足すくらい好みがブレていないこと。(同じ物を買えるのがメルカリの醍醐味の一つですよね!)

すぐに手放してしまうものもあれば、ずっと気に入っている物なら同じ物を買い足すなんて何だかめちゃくちゃな買い物の仕方ですが、お手軽さが優って若干買い物依存症になりかけていたように思います。側から見ると間違いないですよね(汗)

愛猫のティビ子
買い物依存症で間違いないと思われます。

日常生活の中では便利さとかお手軽って聞こえは良いけど気づかないうちにハマってしまって、気が付けば「目の前の物を大事にする」と言う気持ちが抜けてしまっていました。

もちろん得をしたことも間違いないから否定をするわけでは決してなく、麻痺していることが麻痺だと感じていないことが私的に問題です。

ただめちゃくちゃな買い物の仕方ではあったのですが、手に入れては手放してを繰り返すことによって、物を溜め込まないことだけは良かった?のかな?

愛猫のティビ子
ポジティブシンキング!

考え方によっては、常にクローゼットがすっきりしているから買い物依存症になりつつあることに気づいていないとも考えられます。やっぱり結果的には麻痺してるw

便利さとお手軽さの中で、気づかないうちに自分を見失っていることにどっぷりハマる前に気づけて良かったし、自分の買い物の仕方を見直す良いきっかけになりました^^;

そろそろ色んな意味で秋の空を落ち着きたい。

The following two tabs change content below.
7年間一般女性向けのメイク教室やファッションコンサルを行ってきました。一人一人の顔に似合うコスメを選ぶのは大得意です。現在は、気になっているコスメや北海道のB級グルメ、節約方法など発信する「美食住手帖」としてブログを運営しています。